2018年5月15日火曜日

商品画像誤掲載のお詫び


「キラフテ 木の靴べら専門店」 店主の宮原です。


「ロング曲げ木靴べら スタンド付き」の
商品ページの画像に誤りがございました。

当商品の商品紹介ページの一部に、別商品の画像を

掲載しておりました。


昨日修復いたしましたが、かなり長い期間にわたり
誤った画像が掲載されておりました。

これまで当商品の商品紹介ページをご覧いただいた方々に、

大変ご迷惑をおかけしてしまいました。


心よりお詫び申し上げます。


誤った画像

正しい画像

2018年5月8日火曜日

日本の最も美しい場所31選「河内藤園 2017」


「キラフテ 木の靴べら専門店」 店主の宮原です。


では、2018年5月6日と、2017年5月7日を比べてみます。
ほぼ同じ場所からの撮影です。
2018年5月6日(今年)

2018年5月7日(昨年)





違い歴然!!!
やはり「見頃」の情報を入手してから訪れること、
これは本当に大切ですね。


ではここからは「2017年」の美しい藤園をご覧ください。







これが「藤のドーム」、圧巻です!

ちなみに今年の画像




こちらは「藤棚」
この緑の下には・・・
















機会があれば、是非ご自身のその目でご覧ください。

視神経がパンクするほどの「紫光のシャワー」を
存分に浴びることができますよ!













日本の最も美しい場所31選「河内藤園 2018」


「キラフテ 木の靴べら専門店」 店主の宮原です。 


5月6日、ゴールデンウィーク最終日、
アメリカのCNNで、「日本の最も美しい場所31選」に撰ばれた
北九州市の「河内藤園」に行ってきました。

すでに見頃は過ぎている…
という情報は得ていましたが。




あらら…




見頃は完全に過ぎてました。




がっかりした嫁は、
追いつけないほどの高速移動(笑)



いや~、訪れるのが遅すぎました。残念!!!

あまりに悔しいので、次回のブログでは
昨年の「河内藤園」をご紹介しますね。



















2018年4月3日火曜日

2018 日田 桜の萩尾公園


「キラフテ 木の靴べら専門店」 店主の宮原です。


お次は、これまた日田の桜の名所である「萩尾公園」に
3月30日の金曜日に出かけてきました。

萩尾公園の裏山は、自然公園になっていて、
上から「さくら園」を一望することができます。

ちょっと空が霞んでいましたが、晴れていると
「久住連山」も見ることができます。




また、「さくら園」の隣は小さなため池があり、
池の周囲にはぐるっと遊歩道も整備されています。

ゆっくり歩いて、一周10分ほど。





花見用の提灯もスタンバってます。







花びらの「白」と花弁の「ピンク」、
陽光に透けて二つの色が美しく混ざり合う。




週末はさぞかし賑わうことでしょう。





*今年の日田は、桜の開花時期の間はずっと晴天に恵まれ、
美しい桜を堪能することができました。

そして、不摂生な生活を改善できないメタボの我が身が、
この季節には毎年願ってしまいます。

「来年もこの美しい桜をこの目で見れますように…」


調子よすぎますな(笑)




















2018年3月29日木曜日

2018 日田 桜の亀山公園

「キラフテ 木の靴べら専門店」 店主の宮原です。


3月28日、日田の「亀山公園」では
桜が見頃になりました!

公園内には清流も流れ、
心地よさ満点!



寒くもなく、暑くもなく、
しかも花見には絶好の青空。



提灯も準備され、
夜桜はさぞ綺麗なことでしょう。



まだ蕾が残ってますので、
今週いっぱいは楽しめそうです。



子供たちの外遊びも
本格始動してました。














2018年3月27日火曜日

「キラフテ 木の靴べら専門店」 店主の宮原です。


桜ももうすぐ満開ですね。



26日(日曜日)の開花は
こんな感じでした。












2018年3月19日月曜日

「携帯曲げ木靴べら」の価格および名称の変更について

キラフテ 木の靴べら専門店」 店主の宮原です。



さてこの度、「携帯曲げ木靴べら」を値上げすることとなりました。

ここ数年、木材価格をはじめ、各資材も徐々に価格が上がり、
現在の品質を確保するのが難しくなってきました。

大変心苦しいのですが、恐れながら

3,780円(税込み) → 4,320円(税込み)

に変更させていただきます。



またそれと同時に、商品名も変更いたします。新しい名前は、

 携帯靴べら「掌 Shou」

でございます。


手の平サイズの靴べらですので、手の平を表す「掌」です。
その「掌」の一文字の中に、「成功を掌中に収める」という
縁起の良い願いも込めました。


製作には、これまでと変わらず魂を込めて仕上げて参ります。
今後も何卒よろしくお願い申し上げます。